タバコを吸っていてすそわきがの臭いが気になる人はこれで改善します!

2017年10月1日

目次





すそわきがを改善したくないなら見ないでください。








タバコを吸っていてすそわきがが酷くなっていないか心配な貴女!手っ取り早く改善する方法を教えます。

実は、タバコに含まれるニコチンは、すそわきがなどの臭いを強くしてしまう原因になるんです。。

タバコを吸えば当然、体内にニコチンの成分が入ってくる事になりますよね。

 

このニコチン成分は汗腺を刺激してしまいます。

すそわきがの臭いの原因である「アポクリン線」や汗臭さの原因である「エクリン汗腺」を刺激します。

 

この2つの汗腺が刺激されることにより、体は自然と汗を出します。

 

しかしこの時に出てくる汗が、タバコの臭い(ニコチン)も含む事になるので、通常のすそわきがよりも強烈な異臭となってしまいます。

 

タバコは代謝を悪くして悪い汗を排出しづらくする

さらに、タバコを吸うと暑くなくても汗腺を刺激して無意識下で、汗をかいてしまいます。

この時に排出される汗は体内の老廃物を排出したり、体温調整のために出てくる汗ではないため、意味のない汗となります。

タバコの成分により汗腺が刺激されて出てしまっている汗なので良い汗とは言えません。

 

体臭やすそわきが臭を軽減するためには、健康的な汗を毎日書くことが重要となりますが、喫煙者は代謝が悪くなるので健康的な汗をかくことができず、臭いの強い汗が出るようになってしまいます。

 

タバコを吸うことにより、このような悪循環が繰り返されることで、体臭やすそわきが臭、加齢臭はどんどん悪化してしまいます。

 

タバコは「百害あって一利なし」とも言われているだけに、できれば禁煙したほうが健康にもすそわきが臭にも良いとはっきり言うことができます。

 

お酒がすそわきがを強くする原因

お酒もタバコ同様に、すそわきが臭や体臭を強めます。

お酒はアルコール成分が汗腺を刺激し、発汗性を高めることから汗をかきやすく、また血液に溶け込んだアルコール成分も汗と同時に出てくるため、すそわきが臭とアルコール成分が混ざり合い臭いが強くなってしまいます。

 

しかし、お酒とたばこの大きな違いは、お酒は少量であれば健康に良いのですが、タバコは何の利益もなく健康被害が拡大するだけとなっています。

 

お酒は毎日コップ1杯から2杯程度であれば健康に良いと証明されているので、飲みすぎはよくありませんが多少であればストレス発散に向いている飲料ということができます。

 

タバコやお酒はストレス発散になりますが、それ以外の臭いや健康被害もあることを忘れないようにしましょう。

 

 

ノアンデを日常生活で使用した時と使用してない時でのニオイセンサーの数値比較がこちら

 

さらに、ノアンデをスポーツ時に使用した使用してない時でのニオイセンサーの数値比較がこちら